ユニの実況プレイおすすめゲーム第31回 キャラバンを率いて過酷な旅に出よう!『The Banner Saga』

あ!こんにちは。ゲーム実況プレイヤーのユニです。
今回は過酷な旅を描いたRPGのゲームです!
08

このコーナーではメーカーさんが実況プレイを許可されているゲームをご紹介させていただいております。これから実況プレイを始めたいと思っている方、次の実況で何を遊ぼうかご検討中の実況プレイヤーの方のご参考になれれば嬉しいです。

この記事の内容は記事執筆当時の物です。
ゲームのご購入の前に、必ずお使いのパソコンが動作する環境かをご確認下さい。
ゲームメーカー様の動画投稿規約などがある場合は、投稿前によくご確認下さい。
ゲームの購入やインストール方法などは該当のヘルプページなどをご覧下さい。

今回のゲーム:The Banner Saga

01

今回ご紹介するのは、StoicさんによるPCゲーム、キャラバンを率いて旅をする壮大なターン制シミュレーションRPG、The Banner Sagaです。
北欧・ヴァイキング時代を元とした世界観のファンタジーで、ターン制のシミュレーションバトルと、大人数のキャラバンを指揮して旅をしていくという特徴のあるゲームです。多くのキャラクターが登場し、壮大な物語を彩っていきます。
今回はこちらのゲームのシステムや序盤のプレイを中心にゲームをご紹介していきます。

ゲームの購入はPC用ゲーム販売サイトのSteamにて、1,980円でDL版が配信されています。(Steamはセールが時々行われていますのでその際もチェックしてみて下さい)

どんなゲーム?

<公式さんのPV>
神々が滅びた後の時代、この世界では人間と角を持つ巨人のヴァール族が暮らしていました。ある日、突然太陽が動きを止め、過去に存在したロボットのような破壊者『ドレッジ』の脅威が再び人々の生活を脅かし始める、その中でプレイヤーは様々なキャラクターを操作して世界の危機を救う旅を体験します。

戦闘シーンはマス目に区切られたマップでのシミュレーションバトル、キャラバンが旅をするシーンでは資材管理や多くのイベントの選択肢を選んでいきます。キャラクターは戦闘でも会話シーンでもアニメーションが豊富で、旅をするシーンでは多くの人々が行軍する様が美しく描かれます。

プレイヤーは様々な場面で選択を求められ、その結果によっては戦況が変化したりキャラバンの状況が悪くなったり、あるいは仲間との永遠の別れが訪れる可能性もあります。
基本的にオートセーブのため、選択肢を選ぶ場合はしっかり考えて選んでいきたいところです。

2014年に発売されたゲームですが、多くのゲームアワードを受賞されていて評価の高いゲームです。
また、2016年9月に公式で日本語対応されました!物語や会話部分など、テキスト量はかなり多いゲームのため日本プレイヤーにとっては嬉しいアップデートです。

操作方法と基本的なルール

03
マウスでも一部操作できますが、今回はゲームパッド(XBOX One コントローラー)を接続した状態でのプレイをご紹介していきます。

最初にゲームタイトル画面でオプションから言語を日本語に設定すれば、ゲームが進むにつれて細かい操作やシステムを一つずつ丁寧に解説してくれます。安心です!

基本操作は左スティックでカーソル操作、Aボタンで決定、Bボタンでキャンセルです。
メニュー操作などはYボタンですが、画面上にどのボタンを押せばいいか表示されているので、ゲームパッド操作で迷うことは少ないでしょう。

04
戦闘シーンでも左スティックで選択、Aボタンで決定が基本です。
特徴的な「ターン制」のシミュレーションバトルですが、自軍と敵軍が1体ずつ行動をしていくというものです。自軍の行動順が1番のキャラが行動し終わると、次は敵の行動順一番が行動し、次に自軍の2番目、敵軍の2番目、自軍の3番目…と戦闘が進んで行きます。どんな順番で敵と味方が行動していくかを先読みして戦略を練っていきましょう。

敵をラスト一体にすると集中攻撃モードとなり、ターン制ではなくなり味方が連続行動できるようになります。強力なボスが居る場合は取り巻きの敵を排除してから集中攻撃する、という戦略が必要になるかも知れません。

05
キャラクターにはレベルや固有スキルがあり、アイテムを装備する要素もあります。更に、イベントの選択肢によってはキャラクターが死亡したり離脱するという可能性もあります。
後戻りできない旅の中で、あなたの選択肢はどのような物語を紡いでいくのでしょうか。

それでは、実際にゲームの序盤をプレイしながらご紹介していきたいと思います。

ゲームの流れ

06
ゲームを起動したら、まずOptionsからLanguageを選択して日本語に設定して下さい。このゲームはイベント会話やチュートリアルの説明文が豊富なので、最初から日本語表記にされるほうが安心だと思います。

07
本編が始まると、美しいBGMとともに世界観の説明が行われます。人間と巨人(ヴァール族)、そして悪い存在「ドレッジ」という存在がいる世界です。過酷な世界っぽいですね!

08
ヴァール族と人間の都市の間に存在する交易都市ストランドから物語は始まります。このキャラバンが進む画面はとてもきれいで、細かく書き込まれた背景や、ちゃんと歩いているキャラバンの皆さんなどが印象的です。

10
街に着くとイベントシーンがはじまりました。アニメーションです!

11
扉を開けて入ってきたのが巨人ヴァール族(旅をしてきた人たち)で、脇に居るのが普通の人間の兵士です。この体格の差は戦闘の際のステータスにも如実に表れています。

12
ストーリーの細かい部分はご自身でお楽しみいただくために控えますが、赤い盾を持っているのが敵のようです。ここで基本的な戦闘の流れのチュートリアルがはじまります。

13
順番が回ってきたら、敵に近づいて攻撃します。おもしろいのが「意志力」というシステムで、自分の限界を意志力ポイントを使ってちょっとだけ越える行動が可能というものです。1マス遠くへ動いたり、1ポイント多く攻撃が出来たりします。

14
さらに戦略性が深まるのが、「力」と「防御」のどちらにダメージを与えるかという点です。力はHPと攻撃力を意味し、0まで減らすと戦闘不能にすることができます。

15
「防御」はそのまま防御力を意味しています。つまり、「力」を減らすためにはまず「防御」を減らさないとだめで、でも「防御」ばかり狙うと敵から受けるダメージは減らないという絶妙なバランスになっています。無理矢理押し切るか、じわじわ敵の力をそいでいくのか、局面によって使い分けたいですね。

16
各キャラクターには固有のスキルがあります。複数の敵を同時に攻撃したり、防御と攻撃どちらにもダメージを与えたり、敵を吹き飛ばしたり、仲間を強くしたり、効果は様々です。

20
最初の戦闘が終わり、会話を続けていくうちに選択肢が出てきました。このゲームではこのようにたくさんの選択肢が出てきます。アイテムや資材に影響があったり、あるいは仲間キャラの生死に関わったりもするので緊張して選びましょう。

21
街や拠点ではこのように全体図が表示され、左スティックでカーソルを動かして建物を選んで行動を決めます。この書き込みもとても細かいので、ズームしてじっくり見てみて下さい。

22
次の街に向けての旅がはじまりました。この画面はスキップできず、次のイベントまでキャラバンが進んでいくのを見守ります。上に表示されているのは現在のキャラバンの人数と経過日数、そして資材の備蓄量などです。旅の途中で水や食料などの資材が切れてしまったら…(゚д゚;)

23
そんな旅の途中でイベントが発生しました。この選択肢によって資材や士気に影響がでることもあるでしょう。

24
旅の舞台の世界地図も見ることが出来ます。この地方だけかと思いきや、ズームアウトしてみると…

25
かなり広大な世界であることがわかります。バナーサーガは三部作で、本作はその第一部ということもありすべての場所を旅するわけではないと思いますが、作り込まれた世界設定は地図を見ているだけでも楽しいです。

26
カーソルで選ぶとその地方の解説や、この世界の文化について知ることが出来ます。海や地図のイラストなどにも解説が仕込まれていますのでじっくり見てみて下さい。

27
流れるように会話は進んで行きます。風や雪の表現も細かく、キャラクターも微妙に動きます。

28
このゲームは三つの難易度が用意されています。途中で変更でき、物語への影響はないとのことなので無理せず自分にあった難易度に変更してみてください。

30
多くのキャラクターが彩る物語はどのような結末に進んで行くのでしょうか。ぜひご自身の目でお確かめ下さい(╹◡╹)

ゲーム実況プレイ向けの注目ポイント

00
このゲームの特徴は、膨大な選択肢によって変わっていく物語の多様さです。実況プレイヤーさんが各イベントで選択した決断によって仲間が救われたり倒れたり、賢い選択で有利に戦闘が運んだり、逆に過酷な状況に追い込まれたり、様々な物語が紡がれていくでしょう。
プレイヤーによって様々な物語が紡がれていくのはとても実況プレイ向きと言えるかもしれません。
特定の仲間キャラを絶対に死なせない、あるいはなるべく多くの仲間を助ける、など様々なプレイングも考えられますし、生放送で視聴者さんと選択を相談しながら選んでいくというのも面白いかもしれません。

このゲームはメーカーさんによって実況プレイ動画の投稿が許可されています。
動画投稿についての説明は公式サイトのStoic Video Policyのページをご確認下さい。
規約の範囲内であれば、Youtubeパートナープログラムやその他の動画共有サイト上の同様のプログラムで収益化する事は認められているようです。(動画の直接課金や抜き出した音楽の配布などは認められていないようです。詳細はポリシーをご確認下さい。)

上記の内容をご確認していただいた上で、ゲーム実況プレイをご検討されてはいかがでしょうか。


99

というわけでキャラバンを率いて旅をする壮大なターン制シミュレーションRPG、The Banner Sagaのご紹介でした。

次回もゲーム実況が許可されているゲームを中心にご紹介していきます。
最後までご覧いただきありがとうございました!

ゲーム実況プレイヤー ユニ

動画や静止画等の投稿については、投稿者様ご自身で規約などをお調べの上ご判断下さい。
記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

ページトップへ戻る