ユニの実況プレイおすすめゲーム第19回 パンになって物理演算された家の中を冒険しよう!『I am Bread 』

あ!こんにちは。ゲーム実況プレイヤーのユニです。
今回は色んな意味で問題作の有名なあのパンゲームです!

00_トップ

このコーナーではメーカーさんが実況プレイを許可されているゲームをご紹介させていただいております。これから実況プレイを始めたいと思っている方、次の実況で何を遊ぼうかご検討中の実況プレイヤーの方のご参考になれれば嬉しいです。

この記事の内容は記事執筆当時の物です。
ゲームのご購入の前に、必ずお使いのパソコンが動作する環境かをご確認下さい。
ゲームメーカー様の動画投稿規約などがある場合は、投稿前によくご確認下さい。
ゲームの購入やインストール方法などは該当のヘルプページなどをご覧下さい。

今回のゲーム:I am Bread

01_タイトル
今回ご紹介するのは、Bossa StudiosさんによるPCゲーム、食パンになって物理演算された家の中を大冒険する3Dアドベンチャーゲーム、I am Breadです。
もちろん食パンには手も足もないので、四隅に対応したボタンを押しながら反動を利用して移動していくという特徴的な操作方法のゲームです。また、パンなので汚れた場所に落ちたり触れたりすると可食性というゲージが減っていき、食べられないほど汚くなるとゲームオーバーというシステム。とても衛生的(?)です!
今回はこちらのゲームのシステムや序盤のプレイを中心にゲームをご紹介していきます。

ゲームの購入はPC用ゲーム販売サイトのSteamにて、1,280円でDL版が配信されています。(Steamはセールが時々行われていますのでその際もチェックしてみて下さい)
また、PlayStation4用はPSストアにて1,500円で配信中です。操作感覚は変わりますがiOS版も配信中です。

どんなゲーム?

<公式さんのPV>
タイトル通り「私はパンです」というゲームです。公式のトレーラームービーでもがんばって食パンが家の中を冒険している様子が映されていますが、プレイヤーはパンとなって『美味しくトーストされることを目指す』というゲームです。
プレイヤー(パン)の動きによって、物理演算されている調味料や食器などが面白い動きで飛び回るのも見所です。
2015年4月の発売から多数のアップデートがされているので、今回は最新のバージョンを使用してゲームをご紹介していきたいと思います。

操作方法と基本的なルール

03_パッド推奨
このゲームはマウスとキーボードでも遊ぶことは可能ですが、上記画像の通りゲームパッドが推奨されています。「新鮮なトースト」というのはちょっとよくわかりません。

02_操作方法
今回はPCにXBoxONEコントローラーを接続してプレイしていきます。移動に必要なのがグリップ(つかむ)で、RT・LT・RB・LBの四つのボタンが四隅に対応します。左スティックで体重移動、自分をスイングします。グリップしてスイングして移動します。
言葉で説明するとややこしいのですが、チュートリアルモードで実際に動かしてみると慣れやすいかもしれません。
また、オブジェクトに触れた状態で表示されたABXYボタンを押すと物をくっつける事が出来ます。パンですがナイフを持ったり調味料を持ったりすることも可能です。

あとは慣れです!慣れしかないですこのゲームは!(゚∀゚)

基本ルールは「パンを操作してトーストできる場所に行って自分をトーストする」というもの。
ゲームの舞台となる家の中は決して衛生的な場所だけではなく、汚れている場所が多くあります。床に落ちたパンは食べたくないですよね!ということで『可食性』というHPのようなものが0にならないようになるべく綺麗な状態で、表と裏を美味しくトーストすることができればステージクリアです。
また、どうしても難しくてクリアーできない場合には「無敵アイテム」も用意されています。何度かゲームオーバーすると表示されるので、進めないときには使ってみて下さい。

基本以外にも色んなモードも含めて、実際にプレイしてご紹介していきます。

ゲームの流れ

04_スタート
このゲームは日本語対応しています。まずは設定を確認してからプレイしてみましょう!

05_コンフィグ
ゲーム起動時にも表示されますが、ゲームパッド操作が推奨されています。接続していたらコントロールから変更しておいてください。

06_モード
続いてモード選択です。色々ありますが、まずは左上のチュートリアルを遊んでみましょう!

07_チュートリアル
チュートリアルもちゃんと日本語です。まずは書いてあるとおりに動いてみましょう。

08_動き1
LBとRBを押して床をつかんでから…

09_動き2
左スティックでぐいっと体(?)を起こして…

10_動き3
ぱたん! これを繰り返して移動していきます。慣れればパタンパタン軽快に移動できますよ!

11_チュート2
次はビンを持つ練習です。パンなのですがビンを持つ事もあるでしょう。

12_ビン
何かをくっつけると上のグリップゲージが減っていきます。パンの握力(?)みたいなものでしょうか。

13_階段を登る
壁や段差を登るときも「つかんでスイングして反動で移動」が基本になります。つかむことが出来るのは触れているところだけなので、こんな感じで階段を上るときは注意が必要ですね。

それでは移動の基本をチュートリアルで学んだら、いよいよ冒険のスタートです!パンの。

14_ストーリー
ストーリーモードを始めると、誰かの診断カルテが表示されます。マートンさんという方がストレスを抱えていて治療中と書いてありますが、果たして…
そもそも何故パンになって冒険するのか、という謎を解く鍵になるかも知れません。

15_スタート!
不穏なカルテが表示されたと思ったら、お気楽なトーストが登場しました!早速パンの冒険が始まります。

16_一斤
制限時間はありませんが、さっそく出発しましょう!すでにカットされているので、ペロンとはがれる所から始まります。

17_ビンがわれる
食パンが軽く触れるだけで周りのビンは何故か割れてしまいます。これはジャムでしょうか?

18_ナイフも持てる
ナイフを持ちあげることもできます。力もちですね!チュートリアルと違ってテーブルの上は狭いので移動が大変です。

19_マーガリン
容器を破壊するとマーガリンが出てきました!トーストには大事なものですね。

20_ジャム
ジャムとマーガリンをつけることが出来たので、いよいよキッチンに向かいます。

21_おちました
うわああああああ!(゚∀゚)落ちました!床に!パンが!
床にいる時間が長くなると、どんどん可食性が減っていきます。

22_壁に逃げました
壁に逃げて事なきを得ました!3秒ルールっていうのはこういう事なのかもしれません。

23_壁を伝って
このまま壁を伝っていけば清潔な状態で進めそうです。この時点で食べたくないという気もしますが…

24_キッチンに到着
大冒険の末キッチンのテーブルに到着しました…が、ここも清潔とは言えなさそうです。虫や腐った卵に注意して進みましょう。

25_ジェンガ
ジェンガ的な何かがあったのでつかんでみたら案の定…

26_うわあああ
うわああああ(゚∀゚)

27_冷蔵庫の上を
冷蔵庫の上を進んで行きます。勢い余ってドアが開いてしまいましたが、パンである自分ではどうしようもありません。

28_シンクにうわあああ
このまま行けばゴール!と思いきや道中のシンクに落ちてしまい一気に可食性が0になってしまいました。険しいです!
水に濡れてしまうと力が出ない、というあの方の事でしょうか。

29_今度はいすを倒して
再スタート!今度はイス経由で進んでみました。こんな風に、目的地に至るまでのルートはたくさんあります。床に落ちずにどうやって進むかを考えるのも面白いですね。

30_徐々に進んで
今度は落ちないように!気をつけて…

31_見えた!
いよいよ加熱できそうな場所が見えてきました!

32_フライパン
フライパンを持ってきて…

33_予想外
ちょっと予想外な形になりましたが、画面右下のトースト表示が出ているのでこれで加熱できているようです!
パンとフライパン逆ですよ逆!

34_無事クリアー?
ということで表も裏も綺麗に焼いてステージクリアー!隠された条件をどれだけクリアーしているかによってランクも変わってきます。

ということでステージ1をクリアすると次のステージ(次の日)に移るわけですが、カルテの内容もどうやらゲームの進行とリンクしているようです。最後にどうなるのかはぜひご自分の目でご確認下さい。

35_他のモード
ステージ1をクリアーすると様々な要素がアンロックされるので、ここからは他のモードも見ていきましょう。

36_ベーグルレース
『ベーグルレース』
これはレースモードです。スピーディに転がるベーグルとなって、レースコースをどれだけ早くクリアーできるかを競います。なかなか倒れず、グリップポイントも二つしかないので移動はとてもスムーズです。可食性も減らないので、爽快感が味わえるモードですね。

37_バゲット
『暴走』
これはバゲットになって物をどれだけ壊せるかを競うモードです。ベーグルと同じくグリップポイントは2つしかありませんが、体が大きいので周りの皿やグラスをどんどん破壊していくことができます。制限時間内にがんばって破壊の限りを尽くしましょう!

38_チーズハント
『チーズハント』
今度はクラッカーになって、ステージに隠されたチーズを探すというモードです。クラッカーの状態では可食性ではなく「完全体」というゲージが表示され、高所から落ちたり衝撃が加わるとどんどん割れていきます。このあたりがふわふわした食パンと違うところですね。ゲージが0になるとゲームオーバーです。

39_無重力
『無重力』
なぜかステージ全体が無重力になってしまいました!パンにもブースターと姿勢制御用装置が装着され、無重力空間を進んで行きます。このモードだけ操作方法が独特なものに変更されます。宇宙船系のゲームみたいな操作感覚ですね。
ここで紹介した他にも、フリーローミングという自由に動き回れるモードがあります。

続いてアップデートで追加された三つのゲームモードをご紹介します。

41_ゴート1
これはまさか…!(゚∀゚)

42_ゴート2
そのまさかです。以前このコーナーでも紹介したことがある『Goat Simulator』とのコラボで実現した『ヤギ』モードです。Goat Simulatorに実装されているラグドール状態で、パンと同じように暴れ回ります!

43_SW1
続いてご紹介するのは…(; ・`д・´)

44_SW2
どこかで見たような感じの演出で登場したのが『STARCH WARS』モード!大丈夫ですか!?(゚∀゚)

45_SW3
うわあああ(゚∀゚)ギリギリですよ!

46_SW4
このモードだけ全くゲーム感覚が変わり、3Dのスペースフライトシューティングになります。食パンに色々装着されていますね。クラッカーで作られた敵キャラも注目ポイントです。

47_TF
最後に紹介するのはSTEAMでも有名なあのゲームとのコラボ、『TEAM FORTRESS 2』モードです。ステージや小物がすっかり変わっています!

ということで、多くの面白い要素が追加されたI am Breadをご紹介させて頂きました。

ゲーム実況プレイ向けの注目ポイント

40_フリーローミング
なんと言っても『パンになる』という特殊な設定と、物理演算で予想外の動きをする各オブジェクトのおもしろさがとてもゲーム実況プレイ向けだと思います。操作自体は最初に慣れが必要ですが、だんだん思い通りに動かせるようになっていくとどんどん面白くなっていくでしょう。
ゴールまでのルートや進み方はかなりたくさんあるので、自分なりの工夫で進路を切り開いてみるという個性的なプレイを見せることも可能です。
筆者はまだ最後までプレイできていませんが、カルテで騙られるストーリーモードの解釈も見所の一つです。感想を実況プレイで積極的にお話してみてください。
タイムアタックやスコアアタックなどやりこみプレイの方向でも面白い動画にする事ができるかもしれません。

このゲームはメーカーさんによって実況プレイ動画の投稿が許可されています。
動画投稿についての説明は本ゲームのメーカーであるBossa StudiosのHenrique Olifiersさんの該当ツイートをご確認下さい。
「Bossa loves people making YT LP of our games and monetizing.」との事ですので、Youtubeなどの動画サイトでのLP=Let’s Play Video(実況プレイ動画)での収益化も認められているようです。
またI am Breadの公式サイト内OverviewのFAQによると、ゲームへのリンクを設置して下さいとも記載されています。
上記の内容をご確認していただいた上で、ゲーム実況プレイをご検討されてみてはいかがでしょうか。


99_ラスト
というわけでなぜか食パンになって家の中を大冒険する3Dアドベンチャーゲーム、I am Breadのご紹介でした。

次回もゲーム実況が許可されているゲームを中心にご紹介していきます。
最後までご覧いただきありがとうございました!

ゲーム実況プレイヤー ユニ

動画や静止画等の投稿については、投稿者様ご自身で規約などをお調べの上ご判断下さい。
記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

ページトップへ戻る