ユニの実況プレイおすすめゲーム第18回 幻想的で美しい海の世界を泳ぎ回る『ABZÛ』

02_操作あ!こんにちは。ゲーム実況プレイヤーのユニです。
今回は夏にぴったりな海を泳ぎ回るゲームです!

00_トップこのコーナーではメーカーさんが実況プレイを許可されているゲームをご紹介させていただいております。これから実況プレイを始めたいと思っている方、次の実況で何を遊ぼうかご検討中の実況プレイヤーの方のご参考になれれば嬉しいです。

この記事の内容は記事執筆当時の物です。
ゲームのご購入の前に、必ずお使いのパソコンが動作する環境かをご確認下さい。
ゲームメーカー様の動画投稿規約などがある場合は、投稿前によくご確認下さい。
ゲームの購入やインストール方法などは該当のヘルプページなどをご覧下さい。

今回のゲーム:ABZÛ

01_タイトル今回ご紹介するのは、Giant SquidさんによるPCゲーム、幻想的な水中世界を探索するダイビングアドベンチャーゲーム、ABZÛです。
PS4などで配信中の「風ノ旅ビト」を制作されたクリエイターさんによる新作ゲームで、今回の舞台は神秘の海の中です。世界を演出する美しい音楽と、水中の中でいきいきと動き回る数多くの海の生物と一緒に泳ぐことが可能です。
今回はこちらのゲームのシステムや序盤のプレイを中心にゲームをご紹介していきます。

ゲームの購入はPC用ゲーム販売サイトのSteamにて、1,980円でDL版が配信されています。(Steamはセールが時々行われていますのでその際もチェックしてみて下さい)

どんなゲーム?

<公式さんのPV>
公式トレイラーをご覧頂いた通り、美しく表現された海の中を泳ぐゲームです。水の中には多くの生き物が居て、ダイバーとなったプレイヤーはその生き物たちと一緒に不思議な世界を探索していきます。まさにアドベンチャーですね!
このゲームはステージに沿って進んでいくという流れですが、時間制限は無くゆっくりとゲーム中世界の雰囲気を味わう事ができます。隠されたアイテムを収集する要素や探索要素もあります。
このゲームは2016年8月現在日本語に対応していませんが、ストーリー中にセリフやナレーションはほとんどありません。ただ、メニュー画面やオプション画面の項目、あとは魚の名前くらいしか文字情報はありませんので英語が分からない方でも楽しめそうです。

操作方法と基本的なルール

02_操作操作方法はシンプルで、ゲーム中に簡単に説明画像が表示されます。「A controller is strongly recommended to play ABZU」とゲーム配信ページにあるとおり、このゲームはPC用ゲームコントローラーを接続して遊ぶことを強く推奨しています。自由に泳ぎ回るためにご注意下さい。(この説明ではXBOX ONEコントローラーを基準にご説明します。)
まず最初にRTボタンで水中に潜ります。水中では左スティックで移動する方向を決めて、RTボタンを押すことで進む事ができます。Aボタンを押すとブースト、右スティックでカメラ視点変更、何か見つけたらXボタンでアクションを起こすことが出来ます。
また、ゲーム中ではメニューボタンを押すことでオプション画面を開くことが出来、ここでスティックのリバース設定ができます。このゲームは水中を自由に動き回るため視点が頻繁に変わります。自分の思い通りの動きが出来ないと3D酔いの原因となってしまいますので、しっくりくる操作方法にすることをお勧めします。

それではゲームの序盤をプレイしながらどんなゲームかを簡単にご紹介していきます。

ゲームの流れ

03_最初ゲームをスタートすると、プレイヤーは水面から海の中の世界へと誘われていきます。最初は明るい水色だった世界が、深くなっていくにつれてどんどん様変わりしていいきます。

04_海の中へ数多くの海の生き物がお出迎えしてくれます。もうこの時点で雰囲気に引き込まれていました!

05_深海水色だった世界が青色へ、そして暗い紺色になる深さでは、周りの生き物の姿がずいぶん違います。深海の世界ですね。

06_そして…そして深海よりも更に深いところでは…?

07_はっ!ハッΣ(゚д゚)! 気がついたら水面近くをぷかぷか浮いていました。今のは夢だったのでしょうか?

08_ここからここから主人公の冒険が始まります。ダイバースーツを着ていますが、主人公はなぜここにいるのでしょうか。ぜひ想像を膨らませてこのゲームのストーリーを想像してみてください。猫目っぽい表情がかわいいです。

09_ダーイブそれでは、思い切ってダーイブ!(゚∀゚)

10_水中水の中では水面からの光のカーテンがゆらゆらしてとても綺麗です。ここでしばらく泳ぎ回るだけで夏を満喫できそうです。

11_奥へ泳いでいると周りに魚が寄ってきました!広い広い海の中ですが、もしかしたらどこかへ案内してくれるかも知れません。

12_自由自在水の中では左スティックでかなり自由に方向転換が出来ます。必須ではありませんがBボタンを押すと膝を抱えてその場で静止できたりもします。

13_あれは…水の中に洞窟を見つけました!魚の皆さんもどうやらあっちに向かっているようです。

14_大きな魚大きな魚に近づくとチュートリアル画面さんが!これはつまり、LTを押せば乗れる…?

15_のれた!乗れました!(゚∀゚)
このように、大型の魚にはLTを押しっぱなしで掴まることができます。水の流れが穏やかな場所ではLTを押しっぱなしにしながらRTを押しつつ左スティックで自由に操ることが出来ます。広いスペースでは大きな魚に乗って移動すると良さそうです。

16_洞窟の向こう海の洞窟を抜けると、世界が様変わりしました。今度は緑色の海草が多い場所ですね。

17_何かを見つけました怪しい物を見つけたので近づくと▽の表示が出ました。このメカっぽいものは…?

18_仲間が!サポートメカっぽいものが起動しました!どうやら主人公と一緒に行ってくれるようです。

19_隠されたプール水の中で光る泉のような物を見つけました。封印されていたのでしょうか、新しい生き物が解放されていきます。このゲームではこういった探索要素がありますので、先を急ぐのでは無くゆっくりじっくりと海の世界を探索してみてください。

21_瞑想人工的な造形物を見つけたので近づいてみると「meditate(瞑想)」という表示がでました。XBOX ONEコントローラーでいうバックボタンを押すと、周辺の生物をゆっくり見る事が出来ます。

22_いろんなさかなMeditate(瞑想)モードに入ると、自由に泳ぎ回る魚たちをカメラが追うモードになります。左スティックで生物を切り替えることが出来るので、好きな魚を見つけてじっくり観察してみましょう。魚の名前も右下に表示されてますね!
また、実績一覧を見る限りではどうやら魚の生態系を観察することで解除されるものもありそうです。

20_更に先の世界へ!先ほど見つけたサポートメカさんが、行く手を遮る珊瑚の壁を焼き切ってくれました。もっと先に進めそうです!

それではこの先はネタバレを防ぐために印象的なシーンをダイジェスト風味にふんわりご紹介します。

23_灰色の世界打って変わって灰色の世界にたどり着きました。なぜこんなにも違う雰囲気なのでしょうか。

24_海の上へ勢いよく加速すれば水の上にも!?

25_緑の階段海草で出来た緑色の階段。

27_マンタと一緒にマンタだ!これは知っていますよ!(゚∀゚)

28_人工建築物この世界の海の中には人工的な建築物が散見されます。何故水中に…?

29_壁画謎を解く鍵になりそうな壁画を見つけました。過去に何があったのかを想像してみたくなります。

30_急流多くの魚と一緒に急流へ!この流れる水の先は果たして…!

31_いるか!こんなにたくさんのイルカが!(゚∀゚)癒されます!

32_秋色の世界この秋色の海では何が待っているのでしょうか。

海に隠された秘密を探しだし、最後に何が待っているのかをぜひ体験してみて下さい。

ゲーム実況プレイ向けの注目ポイント

98_そらへこのゲームはほとんどセリフやストーリーの文字的説明がありません。実況プレイヤーの皆さんが作中世界に入り込んだ感想や、なぜ主人公が海を冒険しているのか、海の世界のストーリーや設定を想像しながら自由にお話されてみてはいかがでしょうか。
ある程度のステージ的な道筋はありますが、時間制限はありませんので、登場する魚や海やプールの思い出話をしながら泳ぎ回ってみて下さい。
ストーリーをクリアするだけなら急げば数時間ということですが、じっくりゆっくり雰囲気を味わいながら生放送をしてもいいかもしれません。隠されたアイテムや瞑想場所などの探索要素をコンプリートするやりこみプレイをしてみても面白そうです。

このゲームはメーカーさんによって実況プレイ動画の投稿が許可されています。
動画投稿についての説明はパブリッシャーの505GAMES公式サイト内「Can I stream your game content on sites like YouTube and Twitch? 」のページをご確認下さい。
サポートページの文章の内容を見ると、ゲーム実況動画(Let’s PLAY Video)についてはかなり前向きな印象を持たれているようです。
上記ページによると、YoutubeやTwitchなどの動画サイトでの収益化についてはなどはサポートページからお問い合わせ下さいとの事です。

上記の内容をご確認していただいた上で、ゲーム実況プレイをご検討されてみてはいかがでしょうか。


99_ラストというわけで幻想的な水中世界を探索するダイビングアドベンチャーゲーム、ABZÛのご紹介でした。

次回もゲーム実況が許可されているゲームを中心にご紹介していきます。
最後までご覧いただきありがとうございました!

ゲーム実況プレイヤー ユニ

動画や静止画等の投稿については、投稿者様ご自身で規約などをお調べの上ご判断下さい。
記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

ページトップへ戻る