ユニの実況プレイおすすめゲーム第17回 世界を塗り替えて虚無の力から逃げていく『Nihilumbra』

あ!こんにちは。ゲーム実況プレイヤーのユニです。
今回はちょっと儚い世界観のゲームをご紹介です!
00_トップ

このコーナーではメーカーさんが実況プレイを許可されているゲームをご紹介させていただいております。これから実況プレイを始めたいと思っている方、次の実況で何を遊ぼうかご検討中の実況プレイヤーの方のご参考になれれば嬉しいです。

この記事の内容は記事執筆当時の物です。
ゲームのご購入の前に、必ずお使いのパソコンが動作する環境かをご確認下さい。
ゲームメーカー様の動画投稿規約などがある場合は、投稿前によくご確認下さい。
ゲームの購入やインストール方法などは該当のヘルプページなどをご覧下さい。

今回のゲーム:Nihilumbra (ニヒラブラ)

01_タイトル今回ご紹介するのは、BeautiFun GamesさんによるPCゲーム、5つの色の力を使って虚無の力から逃げていく2D横スクロールアクションパズルゲーム、Nihilumbra (ニヒラブラ)です。
不思議で空虚な世界観の美しいゲームです。ゲームのロゴやゲーム画面の雰囲気からホラーゲームを連想される方もいらっしゃるかもしれませんが、主人公や多くの敵はシャドウで表現され、グロテスクな表現はあまりありません。
Steamでは2013年9月に発売されていて、他のゲーム機やスマホ版も配信されているゲームです。多くの賞を受賞し、Steamユーザーレビューでも高い評価を得ています。
今回はこちらのゲームのシステムや序盤のプレイを中心にゲームをご紹介していきます。

ゲームの購入はPC用ゲーム販売サイトのSteamにて、799円でDL版が配信されています。(Steamはセールが時々行われていますのでその際もチェックしてみて下さい)
他にもiOS・Android・PS Vita・WiiUといったハードでプレイ可能です。

どんなゲーム?

<公式さんのPV>
プレイヤーキャラは『ヴォイド』と呼ばれる虚無の存在から産み落とされた存在です。どうやらそのヴォイドはすべてを飲み込んで虚無へと返してしまう存在らしく、主人公はその力から逃げていきます。世界を巡るうちに不思議な力を得ていく主人公、そして追いかけてくるヴォイドによって滅ぼされていく世界。生まれたばかりの主人公の逃避行の行方は果たして…

という雰囲気のゲームです。冒頭にも書きましたがホラーゲームではないと思います。少し見た目が怖い敵も出てきますが、主人公も含めて多くの敵が真っ黒の影のような表現です。
美しいアートワークと雰囲気を盛り上げるBGMも評価が高いので、1つの物語として楽しまれてもいいかもしれません。
プレイ時間はパズルアクションゲームとしては普通かも知れませんが、表面をクリアした後の裏面は難易度が高いので歯ごたえのあるゲームを遊びたい方はそちらもオススメです。
あと日本語対応です!

操作方法と基本的なルール

02_操作方法今回ご紹介するのはPC版の為、操作はキーボードとマウスを使用します。シンプルな操作方法で、キーボードのAキーとDキーで左右に移動し、スペースキーでジャンプします。
また、このゲームの特徴である『色の力」を使用する際には、画面右上の丸いアイコンで種類を選んでから、マウスで塗りたい場所をドラッグ操作するだけです。
これらはゲームの進行中にシンプルな説明がありますのでご安心下さい。

また、最初にセーブデータの名前を入力するシーンがありますが、ここを空白のまま進めてしまうとゲームに異常が起きることがあるようです。ご注意下さい。

それでは、実際に序盤をプレイをしながらこのゲームをご紹介していきます。

ゲームの流れ

03_スタート主人公はある日突然ヴォイド≪虚無≫から産み落とされました。いったい自分は何者なのか、なぜヴォイドの力に追われるのか。わからないまま歩き出します。

04_ナレーションさん謎の声が主人公の心境を代弁してくれます。このナレーションさんはゲーム中の操作方法やヒントを示してくれたりもしますが、このゲームの不思議な世界観を表現する為に頻繁に登場します。おしゃべりです。

05_ゲームじゃ内ゲームじゃなかった!Σ(゚д゚)

06_外に行ったらだめ何も分からないまま光の差す方向へ向かいます。世界観もそうですが、生まれたばかりの主人公が「自分の存在意義」を自問するというのもテーマの1つのようです。

07_冬!日本語対応なので状況がわかりやすいですね!雪山に出てきました。

08_チェックポイントこの光の玉がチェックポイントです。穴に落ちたり敵にやられたりするとここまで戻されてしまいます。

09_ヴォイドが追ってきますどうやらヴォイドは主人公が逃げたのを許せない様子です。どこまでも追ってきます!

10_うわあああうわああああ!三三三三(゚д゚)
このようにヴォイドの強大な力から逃げる場面では強制スクロールになります。まだ簡単ですが、後半になるとただ右に移動するだけではなく様々な妨害の中逃げるという場面も…

11_チャプターが…逃げ切ったところでチャプターのタイトルが表示されました。ただ、どうやら文字が一部表示されていないようです。
「このゲームは日本語対応です」と前述しましたが、現在のバージョンではこのように一部の漢字が表示されない場面が散見されます。今回はWindows10環境でのプレイですが、他のプレイヤーさんも遭遇しているようです。ただ、文字が欠けていてもプレイに大きな支障はないと思います。元の意味が気になる方はナレーションさんの声をヒアリングするか、設定で言語を英語にして確認してみて下さい。
(あるいは意図的に文字を欠けさせた日本語の文字表現なのかもしれません)

ちなみに、WiiUやPS Vita版では日本語表現は更にわかりやすくなっていて、ナレーションも日本語に吹き替えられているようです。

12_この姿で雪山でカカシを発見しました。それに影響されてなのか、姿をまねる主人公。結構他人に影響されやすいのかも知れません。

13_ギミック降りしきる雪の中を主人公は進んでいきます。このあたりからスイッチを押すと開く扉など、パズル的なギミックが増えてきます。生まれたばかりなのに頭を使わないと生き残れない!厳しい世界です。

14_青い花!この荒涼とした雪山で鮮やかな青い色の花を見つけました!

15_ウワー(´Д`)!!

16_新しい力主人公は色のついた花に触れることで不思議な「色」の力を習得しました。青色なら氷の力で床をツルツルにできるなど、各色に対応した属性の力を発揮できます。

17_マウスで画面右↑の円いマークをクリックして…

18_色を選択青い力を選択します。まだ一つしか無いのでわかりにくいかも知れませんが、新しい色の力を覚えていくとこの木の枝にどんどん増えていきます。

19_つるーそして地面をマウスで左クリックしながらぐいーっと色を塗れば…

20_こおりました地面が氷に覆われました。この上では滑ることによりいつもよりも早く移動できます。ダッシュが必要な場面ではこの力が重要です。
ちなみに、最初なのでやり過ぎましたがこの場面では地中まで塗る必要はありません。色を使うパワーは有限なので、使いたい地面の表面だけを塗るようにすると効率的です。

21_ダッシュジャンプ氷でダッシュしてからジャンプ!

22_冒険を続けよう新たな力を手に入れると、この不思議な空間で使い方を学ぶことが出来ます。主人公の精神世界なのでしょうか?

23_早速雪山に戻って早速氷の力を使ってみましょう!氷で助走してから…

24_ジャンプ!ジャーンプ!このように色の力とプレイヤーのアクション操作で新しい場所に行くことが出来ます。表面は比較的簡単とはいえ、だんだん難易度があがっていきますよ!

さて、このゲームはパズルゲームという側面もありますので、ネタバレを避けるためにここから先は雰囲気だけをご紹介します。

25_もっとおすんだ新しく箱を使ったギミックが登場しました。ナレーションの方のヒントを信じましょう!

26_消去実は主人公はもう一つ「色を消す」力を持っています。消しゴム機能ですね。世界を色で書き換えるだけではなく、元からある色の属性の力を消去したり上書きしたりして進んでいきます。

27_吹雪激しい吹雪の中を進みます。

28_逃げろ!行く手には主人公を付け狙う敵も現れます。直接攻撃手段を持たない主人公は、逃げたり周囲の環境を利用して敵に立ち向かいます。

29_新たなステージ新たな舞台へと歩みを進める主人公。進む先では新しい『色』に出会う事でしょう。

30_新たな敵新たな敵が現れ、徐々に難しくなっていきます。何度もやり直して先に進みましょう。

31_逃げられない迫り来るヴォイドの力はあまりにも強力で広大です。主人公と世界はいったいどうなってしまうのでしょうか。

ゲーム実況プレイ向けの注目ポイント

98_緑の力このゲームは謎解き要素のあるアクションゲームです。ゲーム実況をされる際は、初見の視聴者さんと一緒に相談しながら進むのも良いでしょうし、悩みながら何度も試行錯誤しつつ進むという実況プレイ動画にしても良いでしょう。
表面のプレイ時間は、スムーズに進めば数時間という所なので生放送で一気にクリア仕手も良いかもしれません。
また、一度クリアした後の『裏面』は難易度が上がっているため、一度クリアした後のやりこみプレイを実況しても良いかもしれません。

また、このゲームには実績(トロフィー)機能が実装されています。隠されたものを見つけると得られる実績や、特定の条件で敵を倒さずにクリアーする実績などがあります。これらをやりこみプレイとしてコンプリートを目指してはいかがでしょうか。

このゲームはメーカーさんによって実況プレイ動画の投稿が許可されています。
動画投稿についての説明はBeautiFun Gamesさんの公式サイト内、Contactページの下部をご確認下さい。
(「YOUTUBERS / STREAMERS」と記載されている部分です。)
また、Unity Games Japanさんの日本語版ゲーム公式ページにも『ゲーム実況OK!』マークが記載されています。
上記の内容をご確認していただいた上で、ゲーム実況プレイをご検討されてみてはいかがでしょうか。


99_最後というわけで5つの色の力を使って虚無の力から逃げていく2D横スクロールアクションパズルゲーム、Nihilumbra (ニヒラブラ)のご紹介でした。

次回もゲーム実況が許可されているゲームを中心にご紹介していきます。
最後までご覧いただきありがとうございました!

ゲーム実況プレイヤー ユニ

動画や静止画等の投稿については、投稿者様ご自身で規約などをお調べの上ご判断下さい。
記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

ページトップへ戻る