ゲーム実況ファンが突き動かした小説化プロジェクト 名作フリーホラーゲーム『物念世界』小説版発売に歓喜の声!!

物念世界書影オビアリ

関連動画再生数600万突破!熱いゲーム実況ファンが突き動かした小説化プロジェクト

埼玉在住のリリティー氏が接客の仕事のかたわら、フリーホラーゲーム「物念世界」を制作しウェブに公開したのは、2013年9月。

フリー素材に頼らず、キャラクターデザインからマップに至るまでのグラフィックを同氏自ら制作した本ゲームは、ゲーム実況プレイのジャンルで名を上げ始めていたキヨ氏やYUuuu氏の目に止まり、実況動画が投稿されました。

「あかんあかん、日本人形こわすぎ」「(主人公の)凛ちゃんいい子。尊い」など、動画には瞬く間に絶賛のコメントが殺到。

それを見た他の実況者も次々と『物念世界』を動画投稿することでさらに評判は広がり、老舗フリーゲームサイト「ふりーむ!」にて開催されたコンテスト「第9回ふりーむ!ゲームコンテスト」では、金賞と大人気賞をダブル受賞。商業展開を期待する数多くの声が挙がりました。

2016年8月現在、関連動画再生数は、600万(※1)を突破。小説「物念世界」は、そんなファンの盛り上がりに応えるために企画、制作された一冊です。

(※1) ニコニコ動画およびYouTubeにおいてキーワード「物念世界」を含む動画の累計再生数

発売決定後の言及ツイート1000以上!ゲームの発表から3年を経ても根強い人気

今年7月、小説「物念世界」の公式ツイッター(@butunennovel)で小説化がアナウンスされると、「うわわわ懐かしい」「おこづかい貯めてぜったい買う!」「小説化記念に実況動画投稿します!」と、多くの反響が発生。

発売前の段階で、1000以上のツイート(※2)が巻き起こりました。

これだけの反響にもかかわらず、原作者のリリティー氏は、ゲームを作っていることや小説化されることを実生活では秘密にしたまま、これまで通り仕事を続けています。

(※2)小説化発表開始時から発売日前日までの期間でキーワード「物念世界」を含む累計ツイート数。リツイートは除外

人気実況者YUuuu氏を起用したプロモーション動画に異例の賞賛の嵐!

8月2日の発売日。公式プロモーション動画が公開されると、実況の声と動画制作のクレジットに、かつて本ゲームの実況動画を投稿し、今や総閲覧数1300万を超える人気実況者となったYUuuu氏の名前を見つけたゲーム実況ファンが一斉に反応。

公開から2日たらずで、プロモーション動画は再生数2000回、高評価200回を突破し「YUuuuさんの編集美しい……まじで好き」「これほんとに小説のPV?映画の予告じゃなくて??」「やばいやばい、何回見ても鳥肌立つ」と賞賛の感想が相次いでいます。

YUuuu氏は「思い入れの深い作品にこういう形で関われて、非常に楽しい制作でした」と語っています。

<あらすじ>

「そしてその夜、少女は“恐怖”と“冒険”の世界へ踏み出す……」
時は大正、とある暗い森の奥で夜市が開かれていた。売られているのは、どれも悲しい過去を持つという古道具ばかり。夜市を訪れた凛とその両親は、これは掘り出し物とばかりに【手鏡】【日本人形】そして【花札】を買って帰る。
その夜。不審な物音で目を覚ました凛は、幼い頃から大切にしてきたぬいぐるみの“雪ちゃん”を抱きしめ、音の正体を確かめに行く。しかし、そこには夜市の古道具が作り出した恐怖の世界が待ち受けていた……

≪小説情報≫

原作: リリティー
著者: 橋本 愛理
イラスト: ニイナ カイト
発売:山下書店
発行:アミューズメントメディア総合学院 AMG出版
定価:700円+税
発売日:2016年8月2日(発売中)
(C)2013 リリティー
(C)2016 橋本愛理/アミューズメントメディア総合学院 AMG出版

◆公式ページ http://www.amgakuin.co.jp/amg-books/butsunen/
◆公式ツイッター https://twitter.com/butunennovel
◆原作ゲームダウンロードページ http://www.freem.ne.jp/win/game/5515

原作:リリティー
東京都出身、埼玉県在住。2009年頃よりゲーム制作を開始し、本作で『第9回ふりーむ!ゲームコンテスト』金賞および大人気賞をW受賞。仕事は接客業。同僚たちはゲームを作っていることを知らない。キラキラした物と黄色が大好き。
<コメント>
自分のゲームが小説になるなんて夢のようです!小説版ならではのアレンジもあり、ゲームをクリアした方も楽しんでいただけると思います。原作のゲームをプレイした方もそうでない方も、文字で創られた物念世界を歩き回ってください。
著者:橋本 愛理
兵庫県在住。著書に「いーある!妖々新聞社」シリーズ(ポプラ社)がある。月1本は新作に手を伸ばすくらいのゲーム好きで、本作も執筆決定前から完全クリア済み。アミューズメントメディア総合学院ノベルス学科卒業。
イラスト:ニイナ カイト
兵庫1992年生まれ、宮崎県出身・在住。ゲーム会社にデザイナ-として勤務した後、現在はフリーランスとして活動中。趣味は映画鑑賞。アミューズメントメディア総合学院キャラクターデザイン学科卒業

この記事を書いた人

ジッキョウベア
ジッキョウベア株式会社くまごろうの広報担当
ジッキョウベアだベア!
株式会社くまごろうのマスコットキャラだベア!
ゲーム実況に関する情報を発信していくベア!

ページトップへ戻る