ユニの実況プレイおすすめゲーム第10回 かわいい4元素のふわふわアクション!『ELEMENT4L』

目次

ゲーム紹介

あ!こんにちは。ゲーム実況プレイヤーのユニです。
今回はいやされるかわいい雰囲気の日本語対応ゲームのご紹介です!

このコーナーではメーカーさんが実況プレイを許可されているゲームをご紹介させていただいております。これから実況プレイを始めたいと思っている方、次の実況で何を遊ぼうかご検討中の実況プレイヤーの方のご参考になれれば嬉しいです。

この記事の内容は記事執筆当時の物です。
ゲームのご購入の前に、必ずお使いのパソコンが動作する環境かをご確認下さい。
ゲームメーカー様の動画投稿規約などがある場合は、投稿前によくご確認下さい。
ゲームの購入やインストール方法などは該当のヘルプページなどをご覧下さい。

今回のゲーム:Element4l エレメンタル

00_logo今回ご紹介するのは、ベルギーのインディーメーカーであるI-ILLUSIONSさん開発のPC/MAC/PS VITA用ゲーム、かわいい見た目と癒されるBGMなのに歯ごたえのあるアクションゲーム、ELEMENT4L(エレメンタル)です。
とてもシンプルな操作方法なのですが、ステージの地形やギミックを上手く利用してゴールまでたどり着くのが目的のゲームです。BGMもとてもいい雰囲気で日本語対応ですよ!
今回はこちらのゲームのシステムや序盤のプレイを中心にゲームをご紹介していきます。

ゲームの購入はPC用ゲーム販売サイトのSteamにて、980円でDL版が配信されています。また、日本のPCゲーム販売サイトのPLAYISMさんでも販売されているほか、VITA版がプレイステーションストアさんでDL販売中です。
(各ダウンロードサイトではセールが時々行われていますので、ぜひチェックしてみて下さい)

どんなゲーム?

<公式さんのPV>
オルゴールと口笛から始まるこちらの公式PVをごらんいただければ分かるとおり、独特の不思議でかわいい雰囲気が漂う世界観となっています。ジャンルとしては横スクロールの2Dアクションゲームなのですが、難易度は比較的難しく何度もリトライして難所をクリアしていくタイプのゲームです。メインの操作ボタンが4つというとてもシンプルな操作方法なので、キーボードでもゲームパッドでも楽しめるでしょう。
公式で日本語対応しているゲームというのも嬉しいポイントです!

操作方法と基本的なルール

01_ルールプレイヤーは4つのエレメンタル(元素)の状態に変化してゴール地点まで進みます。操作方法はとてもシンプルで主に4つのボタンしか使いません。

  • 空気:ボタンを押す度に垂直方向にちょっと浮く。壁にぶつかるとアウト
  • 氷:地面や壁にぶつかっても大丈夫。坂道でよく滑る。パワーを消費しない。
  • 土:空中で押すと下向きに加速する。水の中でも沈み続け、もろい壁なら勢いで壊せる。
  • 火:『右側』に少し加速できる。マグマの壁に当たると反射する。水に当たるとアウト

PC版ではデフォルトで『W・A・S・D』のキーで上記の操作ができますが、キーコンフィグが出来るのを確認していますので自分の好きなボタン配置にしてもいいかもしれませんね。

02_ルール2気をつけたいのは「自分で横方向に自由に移動できない」という少し変わった操作感覚です。筆者も最初『あれ!?横に移動できない!キーコンフィグ間違った?』と勘違いしたのですが、空中にふわふわ浮いているエレメンタルな自分のキャラはそもそも自由に動けないのです。
このゲームは、ステージの地形を利用して進みます。画像のように、坂道を氷の状態で滑ることで右側に進むことができます。ステージによっては風や水流で飛び上がったり吹き飛ばされたりしながら勢いをつけて、壁や地面や炎にやられないようにゴールポイントまで進めばクリアーです。

これらのルールや要素は序盤のステージ(イントロ)一つずつ解放されていくので、全部暗記しなくても大丈夫!一個一個要素を覚えることが出来ます。
また、一度クリアーしてもタイムアタック的なレースモードがあったり、隠しアイテムの収集要素もあるのでやりこみプレイもできますよ!

ゲームの流れ

03_冒険のはじまりプレイヤーは空気の『エレメント(元素)』となってふわふわ漂っているところからゲームが始まります。(╹◡╹)というような顔文字で表せるとてもかわいいキャラですが、このまま地面にぶつかってしまうとアウトなので『空気』のボタンをタイミングよく押すことでふわふわ浮く事ができます。

04_他のエレメントを探そうふわふわ漂うこのエレメンタルくんは最初空気の状態にしかなれないので、他のエレメントの力を解放していくのがチュートリアルステージの目的です。

05_結構観光気分?エレメンタルさんは結構お気楽なんですね!

06_困ったときは壁や地面にぶつかるとアウトな空気エレメンタルの状態でも水は大丈夫です。ぷかぷかと浮きましょう。

07_Mrスムーズ最初に詰まったのはこのポイントでした!狭い壁を何とか通り抜けようとしても進めない、そんなときはMr.スムーズのお手本プレイを見てみましょう。どの場所でどのエレメンタルになればいいかを見ることが出来ます。

08_せまいいよいよ難しくなってきました。ポーカーフェイスを崩さないエレメンタルくんですが、プレイヤーは慎重に捜査する必要があります。

09_あとちょっと洞窟を抜けて上昇気流に乗り、いよいよ山頂へ!

10_氷の力をゲット!第二のエレメント『氷』の力を発見しました!チュートリアルではこのように一つ一つエレメントを獲得していきます。

11_氷の力氷の状態に変化すると地面や壁にぶつかっても平気です。坂道を滑り落ちることでスピード感が出てきました。クール!

12_ジャンプしないとこのような場所では勢いをつけて『空気』エレメントに変化しジャンプする必要があります。放っておくと…

13_はまりましたこんな事に。氷の状態で勢いを失ってしまうとリトライボタンを押すしかなくなってしまいます。[╹◡╹]

14_土の力次に発見したのは『土』のエレメント!岩のように硬くなり坂道を転がり落ちます。氷よりはスピードが落ちるので注意ですね。

15_火の力最後の『火』のエレメントを発見すれば、このゲームの基本操作のすべてが解放されます。やっと横方向に移動する手段を手に入れたわけですが、右側に向かってだけブーストできるのとゲージを消費するのがポイントです。さらに火の状態だと地面や壁に激突してアウトになってしまいます。

16_四つの力を使ってここから先は四つの力と地形を利用してゴールを目指します。『火』で横方向に勢いをつけて『氷』で滑って『空気』になってジャンプし『土』になって壁を破壊したり勢いよく落下します。四つの力の発動タイミングが重要ですね!

17_とおれないステージによってはこんな風に狭い場所もありますが…

18_とおれました「氷」のエレメントになって溶岩に触れると水になって狭い場所を通り抜けることが出来ます。また他の状態に戻れば元通り!

19_ブクブク場所によって各エレメントの特徴を利用し難所を乗り切っていきます。ここでは氷になって衝撃を緩和してみました。

20_あぶない進んでいくとステージのギミックもどんどん多彩になってきます。

21_ヘアスタイル結構シビアな操作が要求されるのですが、当のエレメンタルさんは結構気楽なので癒されます!ヘアスタイル…?

うまいこのように、様々な力を利用してステージをクリアし、ゴールを目指しましょう!

ゲーム実況プレイ向けの注目ポイント

22_キケンかわいい雰囲気ですが、だんだん難易度が上がってくるので俗に言う「死にゲー」というジャンルの楽しみ方ができるゲームです。何度も何度もやられて、視聴者さんと突破方法を模索しやっとクリアー!という面白いゲーム実況プレイができるかもしれません。
あるいは、タイムアタックモードでどれだけ早いタイムを出せるかを競っても面白いかもしれませんね。
プレイヤーキャラクターやBGMがとてもかわいいので、まったりとした世界観の中ぼーっとしていても成立しそうな雰囲気はあります。

23_うまいこのゲームはメーカーさんによって実況プレイ動画の投稿が許可されています。
このゲームの日本語公式サイトであるUnity Games Japanさんのページに『ゲーム実況OK!!』の表示をご確認下さい。
上記の内容をご確認していただいた上で、ゲーム実況プレイをご検討されてみてはいかがでしょうか。


24_絶景というわけでかわいい見た目と癒されるBGMなのに歯ごたえのあるアクションゲーム、ELEMENT4L(エレメンタル)のご紹介でした。

次回もゲーム実況が許可されているゲームを中心にご紹介していきます。
最後までご覧いただきありがとうございました!

ゲーム実況プレイヤー ユニ

動画や静止画等の投稿については、投稿者様ご自身で規約などをお調べの上ご判断下さい。
記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

実際に実況プレイしてみた!

本日の実況プレイは、ゲーム実況ライフの再編成の為、お休みさせて頂きます。
申し訳御座いません。

ページトップへ戻る